美味しいジャムの探し方

四季彩館

プロフィール

桜,さくら,サクラ

このサイトの管理人の四季です

食べ歩きが大好きな管理人です、美味しいお店紹介やちょっとしたレシピなんかも書いていきたいと思います

今週の売れ筋ランキング

Sponsored Link

美味しいジャムの探し方

沢屋ストロベリージャムR

沢屋ストロベリージャムR

プリザーブスタイル内容量:260g原材料:ストロベリー、グラニュー糖 国産、無添加、手造り製造詳しい情報

すっかりハマってしまいました。


幸せ気分が味わえます。


サッパリした甘さがたまりません。


こんなに美味しいものを食べたのは初めてです。


人気がある理由がよく分かりました。


舌が肥えた方でも気に入ると思いますよ。


印象に残る味です。


これは、すごくいいですね!


ずっと気になっていました。


自然な甘さで最後まで飽きずに食べられます。




美味しいジャムの作り方を勉強中に荷物がきたり集金の人が来たり落ち着かない日でしたが、一通りきりのいいところまでしました。

今日はこれから処理しないとならないことがあるので、美味しいジャムの作り方の勉強は今度やることにします。

そうバリバリ勉強ばかりするというふうにはいかないので、あわてずにしていこうと思います。


さてさて、残されたことを片付けてしまおうと思います。少しマッサージすると体調がよくなります。心身ともにリフレッシュして明日も今日以上に美味しいジャムの作り方をの勉強にがんばっていこうと思います。


「シンドラーの列車」走る 70年前のユダヤ人脱出劇を再現
産経 国際 09/06取得 元記事
 第二次世界大戦直前、ナチス・ドイツの迫害などを逃れるため、ある英国人が仕立てた特別列車に乗って、ユダヤ人の子供ら計669人が旧チェコスロバキアから英国に脱出していた。“自由への逃避行”は9回に及んだが、最後の列車はナチスに阻まれ、250人が消息を絶った。それから70年−。生きのびたユダヤ人たちが脱出劇を再現しようと、プラハから記念列車に乗ってロンドンに4日到着し、“命の恩人”との再会を果たした。(ロンドン 木村正人、写真も)

 この英国人はニコラス・ウィントン氏(100)。約1200人のユダヤ人を救ったドイツ人実業家、オスカー・シンドラー氏にならって「英国のシンドラー」と呼ばれている。

 1938年冬、スイスにスキーに出かける予定だった株式仲買人のウィントン氏に、チェコスロバキア難民委員会の英国代表を務める親友から電話が入った。当時、欧州ではユダヤ人の子供を列車で脱出させる計画が進行していた。しかしチェコスロバキアには組織がなく、ウィントン氏に白羽の矢が立ったのだ。

 プラハに入った同氏は39年3〜9月、子供たちを乗せる特別列車を準備した。独、オランダを横切り、ドーバー海峡を渡る約1120キロの行程。英国での受け入れ家庭も世話した。

 39年6月23日発の特別列車に乗ったマリアーネ・ウォルフソンさん(85)=米在住=は「16歳以上は列車に乗れなかったので、15歳の私はぎりぎりでした」と振り返る。残された両親は強制収容所で命を落とした。リサ・レッサーさん(78)=英在住=は「車中でイチゴジャムの白パンをほおばったのを覚えている。白パンなんて食べたことがなかった」と語る。

Sponsored Link

検索


今週の宿泊ランキング

プライバシーポリシー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。